岩手県盛岡市民から見た、地方創生・地方活性化

盛岡人によるブログです。適宜加筆修正していきます。

戸〇商店~個人的に入社をおすすめしない会社~

 

f:id:og-dragon:20170629154118j:plain

今から10年ほど前、私は(有)戸〇商店でアルバイトをしていた。(伏字にしてもばれるでしょう) 

 

戸塚商店は盛岡でも知らない人がいないだろう会社で、トマトの絵が描かれたトラックといえばみんな知っている。野菜や青果の卸売が主体の会社。入社してくる人はほぼ高卒の人たち(中退含む)。

 

今思えば完全にブラック会社だった。盛岡人に身近なブラック会社であると私個人は思う。

とにかく社長の態度がでかい。怒鳴り威張り散らし周りを委縮させる。社員を自分の古文と思っている。そんあ社長に思えた。本気で自分が偉いと思っているような態度だった。

 

 

このころ私は何かバイトしてお金を貯めなきゃと思い、別居していた父親に相談したらハローワークからこの会社のアルバイト求人を持ってきてくれたのだ。野菜や青果の荷積みという内容でなんの取り柄もない自分でも採用してくれるだろうと求人に申し込んだ。

 

(盛岡ではアルバイト求人も少なく時給も安い。コンビニは700円に達していない場所も多く、イオン内の販売員などがやっと時給800円くらいだ。盛岡にはろくなバイトがない。なんの社会経験もつめない。)

 

面接は本宮にある本社で社長と行った。社長を見た瞬間からワンマンな印象を受けていた。運送業の会社は体育会というか性格が荒い人が集まるので当たり前といえば当たり前。

 

倉庫の方へ行き野菜をいくつ知っているか軽く確認しそのまま採用になった。

 

この面接時にも私に対し失礼なことを社長は言ってきたので正直採用されても辞退しようかと考えていた。でも他に応募していた会社もなかったので結局働くことにした。

 

仕事は一日五時間程度野菜の荷積みとピッキング。指定された通りにダンボールに野菜などを詰め指定された場所に置く。メインはこの作業。トラックから荷物を下ろすのが一番体に堪えた。たまねぎのダンボールは20キロもあり重ねて運ぶのが無理だった。バナナやキャベツも重いけど二つ三つ重ねて運ぶのが当たり前。一つずつ運んでいたら社長に「もたもたするな」と注意された。これは当たり前だけどね。男なら二つ重ねて運べて当然だから。

 

肉体労働で休憩時間もないからけっこう疲れる。当時は時給700円程度だった。これでもコンビニよりほんの少し高い時給だった。課長さんも似たような仕事内容でほかには、フォークリフトでトラックへの荷積みも行う。

 

f:id:og-dragon:20170629154149j:plain

私の仕事は他にパートの女性(40代、50代)。男は自分だけだった。ちなみに正社員は全員男。男性社員は免許を全員もっていて配送も行う。

 

私の仕事は簡単で野菜の名前を覚えるときだけ苦労した。それと新聞紙の包み方がうまくないときは会長(社長の父親)に怒られた。感情的に怒鳴る人で正直厄介だった。

 

この会社は社長の弟さんが専務を務め、息子さんも社員で働く(といっても課長より全然仕事量は少なく見えた。いつもデスクに座って祖母(会長の奥さん)が作る野菜の料理などを食べていた。)数人いる課長さんは本当に大変そうで休まず働いていた。専務さんはとてもいい人で私が倉庫でスイカを見つけられなかったときも、

「そういうときもある」とフォローしてくれた。

 

でも専務さんはよく社長に怒られていた。

 

社長「ちゃんと置いたのか!!」 (多分領収書のことかなと思う。)

専務「置きました(疲れ声)…」

しかも敬語を使ってた。いくら仕事とはいえ兄弟で敬語使うかね?

 

また、社長の父親が会長であり仕事時間は倉庫内をうろうろする。会長の奥さんもちょくちょく倉庫に顔をだす。 

 

会長もその奥さんも当時でかなり高齢で70~80くらいだったと思う。正直仕事の邪魔だった。

たとえば私が配送するトマトを箱から選んでいると、「選ぶな!」とその奥さんが注意をしてくる。これはどう考えてもおかしくて、野菜が古かったりすると配送先からクレームがくる。もっと青いのくれない?とかいろいろ。

 

だから慎重に選ばなければならない。状態の良いものを選ばないといけないのだ。

奥さんの考え方としては「もったいない」ということだろう。余れば処分されてしまうからだ。 (余談であるが、私は思うのだがどうも年寄りは「物」に感情移入する。感情の抑制が利かなくなっていると思う。)

 

課長さんや一緒に働いたパートの奥さん方達は皆いい人で野菜のこと等とても勉強になった。

 

でも結局私は3か月ほどでバイトを辞めた。職場の雰囲気が好きになれなかったし、受験勉強に集中したかったから。辞める時、あるパートの方に、

 

「私たちのことは忘れても仕事のことは忘れないと思うよ」

と言われた。

 

不思議なことに私は仕事より一緒に働いたそのパートの方たちのことをよく覚えている。初めてしたバイトだし多分ずっと忘れないと思う。

 

余談だが、辞める際退社を伝えるタイミングのことで私も社長にすごい怒られた。こういう社長のいる会社ではもう働きたくないなと思った。将来絶対まともな会社に入ろうと心に決めた。戸〇商店とは今後絶対関わらないと誓った。

 

勉強しないでいるとこういう仕事しか無くなってしまうんだなと思う。使いたくない言葉だが社会の底辺の一つだと思う。底辺職は人が悪く社長が概してワンマンである。社員が委縮しているような会社に入ってはいけない。

 

f:id:og-dragon:20170629154406j:plain

すごい偏見になってしまうけど、こうした配送・運送の仕事はやはり「ほかの仕事に行けない人たち」であると感じた。学歴やスキルといったものを何も持っていないと、こういう仕事しかないのだろう。運転免許さえあればだれでも就ける仕事である。

 

このブログを読んでいる稀有な読者はどうかこうした配送・運送会社にはつかないでほしい。これから「自動運転」が広まれば運転技術がスキルとして認めてもらえなくなる。 

 

もっといい会社に行ってほしい。頑張って公務員か日報や岩銀、IBCのような安定企業に入ってほしい。

 

盛岡には優良企業が全然ない。進学も就職にも選択肢がない街だ。

 

でも腐らずに一生懸命に生きよう、自分のために。

盛岡の特産品と言えば?~盛岡冷麺の魅力!~

f:id:og-dragon:20170712204338j:plain

やっぱり盛岡冷麺です。

 

でも私は特に好きというわけではなく盛岡に住んでていてお店ではまだ3回ぐらいしか食べたことがないです。正直他県の方から冷麺ってどうなの?と聞かれると回答に困ることが多いです。

 

うまいか?

と問われると「うーーーん」となり、

「まあたまに食べたくなるかな。」と答えます。

 

じゃあまずいのか?と聞かれると

「いや、まずくはないかな。」

 

っていう感じの感想を私は持っています。

 

個人的に麺と「スイカ」が合うとは思えないし、麺が固すぎる!でも独特の味で微妙な辛さが寒い盛岡にあっていると私は思う。

 

でも全然噛み切れなくて喉に引っかかって「おえっ」ってなるよ。

f:id:og-dragon:20170712204446j:plain

ところで、盛岡市内で冷麺がおいしい店って聞かれてもなかなか答えなれない。

 

だから家で食べると良いと思う。最近はスーパーでとてもおいしいものが売られてます。

以下の商品は私がもっともお勧めする盛岡冷麺です。

 この「戸田久」は盛岡で知らない人がいないかもしれません。

 

戸田久の冷麺は、なかなか弾力の強い麺が使われていて歯ごたえがあります。

味もまろやかで「初めて冷麺を食べる」という人にもお勧めできます。

 

私の家族はこの冷麺がとても好きで毎月食べています。よく飽きないなーと思うほど。麺が好き、辛い物が好きというかたに食べてみてほしいです。

 

盛岡冷麺を食べたいという方はぜひ戸田久の冷麺を食べてみてください。きっとリピーターになりますよ。

地方に住んでいるなら副業を!~ネットビジネスのすすめ~

f:id:og-dragon:20170701001519j:plain

地方の平均年収は恐ろしく低い。だからネットビジネスで副収入を得ることと勧めたいです。

 

ネットビジネスでは転売、アフィリ、せどりなどいろいろありますが、やはりアフィリエイトが一番やりやすいです。転売とせどり仕入れ先がないと成り立ちませんが、田舎には仕入れ先になるであろうブックオフや中古ショップが少ないです。転売やせどりや都市部に住んでいないと利益を上げるのは厳しいでしょう。

 

しかしアフィリイトなら初期費用も少なくはじめられます。利益がでるまでには時間がかかりますが、一度サイトの収益が確立すれば一生の財産です。

 

オーソドックスに物販アフィリをするのが一番始めやすいです。A8netやアマゾンアソシエイトなどに登録して、オリジナルのサイトを作成し、自分の興味のあるものなどを販売してみてはどうでしょうか?

 

難しく考えす興味をあるものテーマにを最初は作りましょう。

f:id:og-dragon:20170701001617j:plain

 

以下に参考として私が個人的に「面白いな」と感じたサイトを3つ紹介します。

themaschwierig.wixsite.com

おっぱいマウスパッドに目を付けたアイディアがいいと思います。もうちょっとページ数を増やすべきでは?と思います。マウス選びの参考としておっぱいの画像が張られているところが謎です(笑)。

 


otonanikibi-sayonara.com

これは本当に完成度がたかく見やすく文句のつけようがありません。個人でこのレベルが作れるならどんなIT企業にも就職できそうです。またすごい見やすいです!

 

ikumouzai.jp

情報量が半端じゃないです。どんな毛のなやみにもこたえてくれるサイトであると感じました。

 

どうでしたか?私には無理!と思いましたか?

 

そう思うのは最初だけ。皆最初は初心者です。

 

なれれば上記のサイトは一週間から3週間くらいで作成できるようになります。

 

最初は趣味を活かしたサイトを。サイト作成に慣れたら売れそうで需要があるものを選別しアフィリエイトの案件に登録しサイトに活かしましょう。

 

アフィリエイトは完全に不労所得になります。時間さえあれば誰にでもできます。

大抵の人はやる前から自分には無理だと思っていますが、世の中は意外と簡単なことであふれています。

 

はじめの一歩が難しいのです。まずやってみましょう。お金がかからないので失敗しても無駄になるのは時間だけです。

 

地方で年収が低くてもチャンスを生かし、お金を稼ぎましょう。

岩手県、盛岡市に関する雑談のための掲示板を作りました。

f:id:og-dragon:20170615003544j:plain

岩手、盛岡に住む人のための雑談用の掲示板作りました。存分に活用してください。(いまどき掲示板なんて利用する人がいないかもしれませんが。)

盛岡市雑談・近況報告掲示板

岩手は母子家庭にも厳しい。「東北でよかった」ていうのが流行ってるけど…

f:id:og-dragon:20170428122835j:plain

岩手日報で衝撃の事実が発表された。

母子世帯57%が夜間も勤務 盛岡市と県立大が調査

岩手県内の母子家庭の厳しい生活実態が明らかになった。

 

私自身も盛岡で母子家庭だった。私の母親も夜はパート勤務の会社に内緒で飲み屋でも働いていた。

 

当時は会社の時給は700円台でそれだけでは子供二人は養えない。ダブルワークは必然だった。

 

岩手や盛岡の行政のダメなところはこうした母子家庭の厳しい実態を知りながら、なんら対策をうたないことだ。

 

岩手は働く場が少ない。母子家庭だけでなく父子家庭も厳しいだろう。安定職は限られてるし、失業すればタクシーしかない。地方のタクシーは社会の底辺で50歳を過ぎると手取りはなかなか20を超えない。私は離婚した父親(タクシー運転手)を連絡を取っていたのでこうした事情がわかるのだ。

 

ついでに言えば最近の盛岡は閉店ラッシュだ。上盛岡のさわや書店、駅ビル内の無印良品、市内のマックハウスも2店閉店。公会堂多賀もなくなる。マックハウスは個人的に思い入れがあるので非常にさびしい。ダウンジャケットをかったりベルトをめっちゃ選んだり、Tシャツもいっぱい買ったな。

 

能力・学歴がなければ岩手日報やIBCなどの優良企業に入社できない。大通を歩けばわかるように老舗がつぶれている。

 

今、世間一般の凡人が働く場は盛岡では本宮にあるイオンだけだ(以下本宮イオン)。本宮イオンでは時給800円のバイトがあるからフルタイムで働けばなんとか1人身なら生活はできるだろう。それでも家庭を持てば生活は困難だ。

 

岩手の母子家庭は貧しくて旅行にも行けないだろう。楽しめる娯楽も少ない。習い事もできない。こうして文化格差が生まれその格差は累々と子供に受け継がれていく。

 

東京の母子家庭は毎日をエンジョイできる。街中の時給はもう1000円台になった。高いのは家賃だけだが「UR」などの住宅に住めば困難はない。

 

交通費が安く首都圏の旅行は容易いし、バルト9などの素晴らしい映画館もある。公園もたくさんあり山も海も近い。無料で楽しめるライブ、イベントもたくさんある。イオンも個人的に30分で飽きるがラゾーナ川崎やタマプラは半日は楽しく過ごせる。

 

東京では貧しくなっても、自分の子供にみじめな思いをさせないで済む。

 

岩手の母子家庭は不幸だ。岩手というより地方の母子家庭。北東北と南九州は経済的に苦しすぎる。本来、こうした母子家庭に対し教育費の支給くらいは自治体からあってしかるべきだろう。

 

東北でよかった?それはない。

 

「才と志」が低ければ岩手や東北の暮らしに満足できる。

 

では高い人にとっては?

 

東北に生まれなきゃよかった

 

これが、まともな人間の本音であろう。

 

東京に生まれたかった。少なくとも私はそう思う。東北で母子家庭で育った人は少なからず同意してくれると思う。

岩大は国立大の恥!バカ大学だ!岩手大の入試レベルってどうなの?

f:id:og-dragon:20170129211139j:plain

また岩手大について。

 

前回、

newvista-og.hatenadiary.jp

という記事を書いてから気になり、受験教科数を調べてみた。やはり私の記憶通り二次試験はたった2科目だった。しかも大学からは科目を細かく指定されず選べるタイプの試験だ。センター試験もあってないようなものなのに、個別学力試験まで軽量とは恐れ入る。とんだバカ大学である。岩手大学は「手抜き入試大学」の代表格である

 

大学側は本来、個別学力試験の作成で手を抜いてはならない。その試験こそが大学が欲する学生のイメージを映すからだ。しかし岩大の個別学力試験からはそういったイメージが感じられない。

 

「作ればいいんでしょ、標準的な問題作っても岩大受験生はみんな解けないし」

 

そんな試験作成官の投げやりな感触しか感じることはできない。

 

実際解いてみればわかるが恐ろしく簡単である。英語と国語は下手をすれば中学三年生でも解ける。良く見ても高校一年生の中間テストである。少なくとも高校三年生に課す試験ではない。

 

f:id:og-dragon:20170129211215j:plain

腐っても国立大なら五教科課してみてはどうか。それが岩大生を受け入れる地域住民への最大の礼儀であろう。

 

岩手大には少なくない税金が投入されている。ろくに勉強しない人間にどうして大学という場で税金を使うのか。センター試験で6割取れるかとれないかで、個別試験も2科目でいい。そんな大学、学生に税金を投入する必要が本当にあるだろうか

 

何度でも言う。大学は学問の場である。国際交流や人脈づくりは学問があっての話である。

 

税金を無駄にして存在意義のない大学もどきを存続させるのではなく、東大や東北大に進学する優秀な生徒への給付型奨学金に使うべきだ。

 

高等教育は人と国への投資である。

 

岩手大学のようなバカ大学には消えてもらいたい。

あなたはなぜ岩手県に移住したいの?

f:id:og-dragon:20170129203529j:plain

私の周りで、将来は岩手県に移住したいと考える人が一定数いる。

 

どうやらその人たちには岩手県牧歌的でゆったりと人生を充実させているように見えるようなのだ。

 

私には理解できない考えだ。そういう勝手な思い込みには心底うんざりする。

 

岩手県を安易に移住先に選んではいけない。その理由は大きく言うと、

 

1.岩手県民の人間性は低い。

2.盛岡地域でもイオン以外に何もなく、非常に退屈である。

3.ウインタースポーツはお金がかかって長続きしない。

4.いい会社は少なく、いい大学も無い。

5.死ぬほど寒い。

 

私は盛岡市で生まれ育ったが、自分や周囲の人間が特段牧歌的だとか、穏やかだとか、岩手固有の特徴を持っているとは感じない。

 

東京の人は大きな勘違いをしている。それは田舎の人間は穏やかで優しいというイメージだ。

 

テレビや漫画といったメディアが生み出した幻想である。人はどこでも変わらない。

 

しいて言えば田舎のほうが人間の質は低い。進学や就職で、優秀な人間が他県に流出しているからだ。結果、バカや不道徳な人間ばかりが残る。しかも岩手に住み続ける人間は他県で暮らした経験がないものが多い。つまり世間知らずなのだ。

 

岩手県民の質は総じて低い。

 

移住においても、その地域の住みやすさはやはり人間関係で決まる。

 

環境が厳しくても人が良ければ長く住める。でも逆は無理だろう。

 

岩手県など地方の人間性に期待してはいけない。特に東京の人はかなり勘違いをしている。現実的には田舎者は優しくないし、バカである。そのバカさ加減にイライラするだろう。岩手なまりを実際に聞けば、気持ち悪さで耳を塞ぎたくなるだろう。首都圏民が岩手に移住したら一週間でストレス性疾患にかかると思う。

f:id:og-dragon:20170129203620j:plain

 

盛岡周辺に関しては、本宮地域にイオンがあるが休日はとんでもない混雑。近くにツタヤがありそこで休憩しつつイオンをエンジョイするのが平均的な盛岡市民。そんな生活に憧れを感じるだろうか? 

 

f:id:og-dragon:20170129204203j:plain

地方の一軒家でガーデニング?家庭で野菜栽培?

 

断言しよう、そんなの一か月で飽きる!!

 

東京に住みテレビで見ているから楽しそうに見えるのだ。野菜を作ったって現実は誰も声をかけてくれないから日に日に寂しさは募る一方だ。

 

単なる自己満足で毎日を過ごせますか?

 

あなたが人間なら誰かから認められることを少なからず欲しているはず。でもそれは結局都会でしか手に入らないよ。

 

 

年を取れば病気もするだろう。だが岩手の医療レベルは高くない。盛岡なら最新治療を受けられるが、猛烈な医師不足である。岩手医科大学のレベルの低さは少なくとも盛岡市民ならだれでも知っている。

f:id:og-dragon:20170129203929j:plain

これは余談だが、私は岩手医大出身の医者に診てもらいたくない。岩手医大の偏差値と国試合格率の低さを考えると、自分の体を預けられる医者にはとても思えないからだ。

 

 

f:id:og-dragon:20170129204038j:plain

助言として、「ウインタースポーツ」に過度に期待してはいけないと言っておきたい。

冬しかできないことに期待をかけるとそれ以外の季節が恐ろしく退屈である。岩手の冬は厳しく、実際に冬になると外に出かける気力をなくす。東京、首都圏民の感じてきた氷点下にも満たない冬とは違うのだ。別次元の寒さである。

 

岩手県猛烈に寒い。1月、2月はマイナス10度が普通にある。これは寒いを通り越して痛い。耳がちりちりするほどの寒さである。東京や西日本出身の人間が耐えられる寒さではないだろう。

 

いい会社も少ない、評判の良い大学もない。岩手県文化が空っぽの地域である。

f:id:og-dragon:20170129203837j:plain

 

このブログを読んでいて岩手に移住することを考えている人に言いたい。

 

やめておけ!

 

教育と医療、そして交通の不備・不便に泣くことになる。

 

視野を広げて探してみよう。もっと住みやすい県があるはずだ。