岩手県盛岡市民から見た、地方創生・地方活性化

盛岡人によるブログです。適宜加筆修正していきます。

魅力的であることは、「居住したい県」につながらない。

観光では魅力的

 

f:id:og-dragon:20181102210030j:plain

岩手県は自然が雄大だ。風光明媚な岩手山一級河川北上川。空気も水も日本で一番きれいだろう。

 

しかし、そうした要素が国内においては、岩手県に「住みたいと思わせる」要素になってはいないらしい。

 

rocketnews24.com

 

端的に言うと、岩手は観光で訪れるべき地域であって、長期的居住をする場所ではないということだ。

 

医療・教育・仕事

f:id:og-dragon:20181102210144j:plain

長く住むなら、医療・教育・仕事が大事だ。

岩手県にはこれら全てが不足している。はっきり言って文化的なものが何も無い県なのだ。仕事はろく選ぶことが出来ない。職種も業種も少ない。そして県民の平均給与はおそろしく低く、買いたいものも買えず旅行もいけないのだ。戸建てはは立てれず、いいマンションにも住めない。ずばり言うと、「生活が貧相」だ。

 

教育レベルは日本最低で、進学率も低い。一般に言われる「いい大学」が県内には無いため才能と志溢れる若者は東京に出て行く。一度出て行けば二度と帰ってこない。それが岩手県だ。

 

岩手県では慢性的な医者不足だ。看護師まで不足しているのだから救いようが無い。病気・ケガをしたときに満足な治療を県内で受けられる保証は何処にもない。都内なら幾らでも高度な治療を行える病院があるのに。

 

岩手に居住を決める人は間違いなくバカで、「白痴」である。岩手県は人間がまともに暮らせる地域ではない。日本社会の底辺であり、人間の出来損ないが集まる「はき溜め」である。いや、肥溜めか。

 

岩手県は、低知能・低感性・低能力の愚民が跋扈する生き地獄なのだ。

 

これから何らかの事情で岩手に住む人は、上記の事情を考慮して、心して暮らして欲しい。一時も気を抜かず注意していないと、陰湿で悪辣な岩手県民に人生をダメにされてしまうよ。