岩手県盛岡市民から見た、地方創生・地方活性化

盛岡人によるブログです。適宜加筆修正していきます。

盛岡さんぽを読んで~高校生のころに思っていたこと

f:id:og-dragon:20170129205515j:plain

「なぜ自分の親は岩手に居住したのだろう」

 

ずっと疑問だった。だって一流大学も一流企業もないもの。

 

確かに親自身盛岡市出身だけど若いころ大学は東京に行っていた。そのまま東京で結婚し子育てしていればこどもに多様な選択肢を残せていただろうに。

 

岩手には志高い人間が進学する大学、有能な人間が入る会社が無い。

 

そもそも岩手出身というのがとても恥ずかしくて情けない。東京の大学でクラスの人に出身を言うのが恥ずかしかった。岩手が、まともな大学や会社が無い土地であることは常識。そんな土地で育ったということは、親がまともな知性を持っていないということを示すことになるからだ。

 

ある人は盛岡は自然に溢れているという。でも東京にも存分にある。

東京は空気は汚いけれど水はおいしいし町は洗練されてるし、日々変化がある街だ。

 

最近「盛岡さんぽ」とかいう本が出版されたらしい。読んでみて恥ずかしくなった。東京育ちの人が一生懸命盛岡を「作品化」しようとしている。空が広いとか景色がいいとか⋯。そんなのどこにでもある。盛岡固有の特徴ではないよ。

 

ではなぜその人は盛岡の特徴のように書くのか?それは盛岡が都心から割と近く(二時間半)別荘地的な位置づけであること、今までフューチャーされてこなかった未開の地域であることの2点だ。「あれ、盛岡って意外と街になってるじゃん」という、ある種都会人の、上から目線の意見に過ぎないのではないか。

 

「盛岡さんぽ」はしっかりまとまっていて、おいしい飲食店も紹介され読み物としては楽しい。でもそれを真に受けて盛岡に居住してはいけない。大学や医療機関に一流のものが無いからだ。

 

子供を都会の大学に一人暮らしで通わせてやれるほど裕福でないなら、子供をまともに育てられる地域ではないのだ。

 

岩手、盛岡に住む人は岩手大学岩手県立大、盛岡大学をまともな大学だと思っている(看護や獣医はまともだと思う)。

岩手県民は外の世界を知らないから大学が本来何をするべきところなのかを知らないのだ。高卒で結婚し子を持つことが人生のピークだと思っているような低知能低感性の愚民で溢れている街である。まともな知性を持つものにとっては社会人になってからが人生である。野心あふれる人間にはつらい流刑地だ。

 

岩手県はまともな知性感性を持つものに取っては生き地獄である。

 

誰か教えてほしい。岩手に住むメリットを。