東北地方では反社会的勢力が瓦礫・産廃処理に絡んでる?

f:id:og-dragon:20150820115253j:plain

自分の友人が福島で除染作業をしている。ただ給料がいい、という理由でしているようだが。

 

そういう仕事で心配になるのが「反社会的勢力」の存在。ニュースでも何度か取り上げられているからこうした仕事に絡んでいるのはもう明らかだろう。

 

どの程度まで絡んでいるのかわからないが、友人の話によると寮費とか大目に取られたり給料を中抜きする会社もあるらしい。おそらくそういった悪質な事業所が反社会的勢力とつながりがあるんだろう。

 

瓦礫処理・産廃処理の仕事は人がやりたがらない。だから反社会的勢力が手を出してくる。「人がやりたがらないが、需要がある仕事」は概して金になるからだ。復興ビジネスは暴力団にとってはいいシノギになってるのかもしれない。

 

本来こうした仕事は国が積極的に管理するべきだと思う。なんでもかんでも民間事業に任せればいいものではないだろう。

f:id:og-dragon:20150820120024j:plain

東北地方は人口がそもそも少ないし、関東に比べると閉鎖的な土地。なかなかビジネスを始めるのは厳しいところだと思う。最近の急激な人口減少に伴い倒産する民間企業が増えた。衰退が続く東北地方では暴力団にとってもビジネスは難しいものと思われる。

 

復興ビジネスが東北地方の反社会的勢力にとって今最大のビジネスチャンスなのかもしれない。