岩手県盛岡市民から見た、地方創生・地方活性化

盛岡人によるブログです。適宜加筆修正していきます。

仕事は労働者がいるから成り立つ。~社長は人として偉いわけではない~

 

f:id:og-dragon:20170806192855j:plain

岩手県民というか田舎に住んでいる人たちは自分の勤めている会社の社長に対して、

 

「仕事を与えてくださってありがとうございますー」という態度を持つことが多いように思える。

 

仕事は雇用者と労働者で成り立つ。どちらかが人として偉いわけでは決してない。単なる会社内での指揮権の方向性や上下に過ぎないものだ。

 

また、「社会保険に入れてくれるなんてすばらしい!」

 

という法律知らずで世間知らずな価値観も見受けられる。

 

 これらは社会精制度の無知から生じる誤った態度・価値観であると私は断言したい。

社会保険は一定条件を満たせば全員加入が義務付けられている。つまり条件下で非加入なら違法なのだ。ありがたいわけではなく労働者の「当然の権利」であることに気づこう。

 

社長を無条件に崇拝してはならない。

無条件に「社長だから」と絶対視してはならない。

社長や会社の存在を無謬の前提としてはならない。

 

 その態度はいつかあなたの人生を狂わせる。このブログを読んでいる人は、自分の言葉で自分の答えを出せる人間でいてほしい。

 

岩手県民は概して受け身である。幸せは他者が与えてくれるものだと思い込んでいる。自分の意識を変える、自分で主体的に行動することができない県民性を持つ。

 

岩手県民が精神的に自立することはこのままでは未来永劫こないだろう。小沢一郎を懲りもせずまた国政に送り込むのだ。

 

岩手県民は奴隷根性を今すぐ捨てよう。

 

社長、経営者と労働者は人としての立場やもつ価値観は対等。それを忘れずに日々働いていこう。

岩手に住む利点とは?~音楽を趣味にしやすい!?~

 

f:id:og-dragon:20170805235753j:plain

岩手県は都市化の進まない街である。でもそこに住むただ一つのメリットがあると最近感じた。

 

それは「広い空間」である。家でも会社でも。

 

東京ではなかなか庭付き一戸建てに住めない。対して岩手では割と当たり前である。

 

家が広く、庭などの空間を趣味につかえる。

 

また、庭でなくとも部屋で音楽を聞いても楽器を弾いてもあまり隣人から苦情は来ない。

家と家が適度に離れているからだ。この隣家との離れた空間が人生の余暇の充実度を決める。

 

私は楽器が趣味である。なので家でよくギター、バイオリン、ウクレレを弾く。県営住宅なのでさすがによるには弾けないが昼間は普通に弾く。バイオリンはミュートをつけ、ギターはアルペジオのみ、ウクレレはじゃかじゃか鳴らす。

 

でも苦情は来ない。気になって隣人に聞いてみたところで別に気にならないと言われた。

 

なのであまり大音量にならないようには気を使いながら、弾くことができる。

 

これが東京だとまったく弾けない。小さな音でもすぐ苦情が来る。東京は住民が神経質なのだ。

 

岩手県民はおおらかであるから、そこまで何事も追求しない。

 

もしあなたが岩手で一戸建てに住んでるなら、ピノアでもバイオリンでも自由に弾いて楽しめるだろう。


“明日は、どこへ行こう” ウクレレで弾いてみた Solo Ukulele

岩手という地方・田舎に住んでいるということをプラスに考えて人生を楽しもう。

地方なら音楽が楽しめる。楽器が楽しめる。すなわち人生が楽しめる。

 

  特にウクレレは弦を抑えやすく女性でも始めやすい楽器。音も小さく集合住宅で楽しめると思う。

 この初心者セットはスタンダードなセットで無難で引きやすい。できれば弦を変えたほうがいい音がする。持ちやすい楽器なので男女問わずお勧めです。

 

田舎に住んでいることで悲観せず、楽器を弾いて人生を楽しもう!!

岩手にいるなら地酒を味わえ!!~南部藩の誇り~

f:id:og-dragon:20170729214252j:plain

転勤や出張で岩手にいるならぜひ岩手のお酒を楽しみましょう。岩手県盛岡は南部藩で地酒が有名なのです。岩手のお酒を知らないなら人生3割損してます。

 

私のおすすめは「南部美人」と「赤武」です。

 

南部美人はすっきりした味です。赤武は度数もちょうど良くあまり飲めない人も食後にたしなむ程度に楽しめます。

どちらもとてもさっぱりした味で飽きがきません。レビューではいろいろ書かれていますが盛岡市民は多くの人がたしなむ名酒です。

 

「岩手誉」や「鬼剣舞」もすばらしいです。

 

そして全国区の「あさ開」。

これを語らずして岩手のお酒は語れません!岩手県在住ならぜひ、じゃじゃ麺と合わせて味わいましょう。焼肉を食べながらもいいですよね。

 

盛楼閣やぴょんぴょん舎は味もサービスも素晴らしいお店です。

 

どんなレビューも実際に飲むまでは信用できません。岩手に来た際は岩手のお酒をその舌で存分に味わってくみてください。きっとリピーターになりますよ。アマゾンではとても安価に手に入る時代です。活用して下さい。

盛岡市の本宮にあるイオンについて~暴力団も来る~

f:id:og-dragon:20170729213506j:plain

盛岡市民がもっとも頻繁に訪れるショッピングスポットは、

 

ずばり「本宮にあるイオンモール」です。

 

前潟にもイオンはありますが規模は小さくアクセスが悪いです。本宮イオン周辺にはツタヤや大きなお店がいくつかあるので休日は楽しめます。

 

でもこの本宮イオンはそれだけ集客を誇る以上デメリットがあります。それは、

 

暴力団」もくるという事実です。

 

駐車場を眺めていればわかりますがあきらかに「そっち系」の車を見かけます。たまにではなく頻繁に見ます。

 

私自身イオンのマクドナルドで一度若い暴力団組員らしき人を見たことがあります。スーツを着てましたが、明らかに雰囲気でわかるです。普通の仕事してないだろうなってことが。小柄ですが30代でしょうか、ハンバーガーをいくつか注文していました。親分から買い出しを頼まれたんでしょうね。正直こないでほしいです。

 

でも来ざるを得ないのでしょう。安いし、今盛岡でしっかりショッピングを楽しめるのはこのイオンとその周辺だけだから。

 

本宮イオンは家族連れがとても多く落ち着いた雰囲気ですがヤクザもお客の中に紛れているので、からまれないようにくれぐれも気を付けてください。

岩手県盛岡市で子育てするならどこがいい?

f:id:og-dragon:20170729212236j:plain

盛岡市で子育てするならどこがいいか。転勤族で盛岡に来た人は悩むだろう。

 

落ち着いた町内か、進学高に近い地域か、駅前のマンションか。

 

私は「駅前のマンション」を進めたい。

 

その最大理由は生活の便と交通の便である。まず駅にはスーパーがあり野菜、肉全てを網羅できている。駅周辺には病院も充分なくらいある。バスターミナルもあり、朝この周辺は高校生でごったがえす。子供を一高、三高をはじめ市内すべての高校に通わせられる。

 

また「本宮イオン」へのバスも出ておりちょっとした買い物にも便利だ。

 

落ち着いた町内を望む家庭も多いと思う。たとえば盛岡の南側の仙北町や松園。仙北中学校は実際に生徒数が増え続けている。

 

でも問題は高校へのアクセスの悪さだ。一高も三高も通いし、私立高はすべて遠い。自転車で通う生徒が多いが雪が積もる冬は大変である。駅まで電車で行きそこから徒歩かバスにある。東京と違い盛岡では電車は20分おきくらいだからちょっとした遅れで遅刻決定である。子供に安全。快適な高校生活を遅らせるなら仙北町は望ましくはない。

 

少し先の津志田はすっかり寂れきってコクーンというネカフェもブックマーケットもファミコンショップもエムズレコードも無くなった。現在盛岡の南側はつまらない地域だ。

f:id:og-dragon:20170729212333j:plain

また、盛岡の北側の松園周辺はもともと文教地区だが最近すっかり落ちぶれて人口減である。生協と公園しかないから退屈である。本屋がないのが痛い。これは教育に大きなハンデだ。スーパー内に併設された本屋はあるにはあるが満足な量はないだろう。

 

教育上不利な面がある。だから「落ち着いた町内」はおすすめできない。

 

それなら進学校に近いエリアはどうか。これは松園の手前の「緑ヶ丘周辺」のことである。

 

一高、三高もめちゃめちゃ近く以外と高松公園もあり雰囲気はいい。でも何か「さびしいのだ」

 

近くに「アネックスカワトク」があるが見た目はぼろぼろだし、アイスクリーム屋は無くなり、若い人はいない。一階のスーパーは常に混んでいるが二階の衣料品や家電売り場でで買い物をしている人はいつもまばらだ。

 

人が、特に若い人が離れている地域である。(これは松園も同じ)

 

結局盛岡市内でも日本全体と同じ、「より中心部・都市部」への移動が始まっているのである。

 

大手企業の転勤族のために盛岡駅前には高層マンションが多数建ち、岩手山はもう見えない。ライオンズマンションの住人の羽振りは今でもいい。

 

子育てで大事なのは、子供へどれだけ可能性や選択肢を残せるかだ

 

駅から徒歩10分程度の「クロステラス」では楽器教室もある。「モスビル」では英会話も習うことができる。

 

そして前述したように駅からどんな高校にも通いやすい。

 

だから私は「盛岡駅前のマンション・盛岡駅周辺」に住むことを勧めたい。自分の子供に最良の教育を与えられる場所に住もう。

岩手県民の人柄ってどうよ?

 

f:id:og-dragon:20170716222100j:plain

コメント欄にもあったし、よく田舎の人の人格人柄について話題になるので私見を述べようと思う。

 

岩手県民の人柄は、はっきりいって悪い!

 

でも、「ちょくちょく岩手県民の人柄がいい」、「岩手県民は人柄が日本一」といった非論理的で浅薄な考えを持つ人に出会う。

 

しかし考えてみてほしい。岩手県民の人柄がいいわけないのだ。なぜかって?

 

進学や就職で志高い人、リーダー格の人間が流出していくから」だ。そしていじめっ子、ヤンキーが残る。

 

なぜ一定数の人には岩手県民の人柄がよく思えるかというと、

 

岩手県民は頭が悪く、動きが緩慢であるから」だ。

 

のんびりとしていて怒らない。その様を見て優しい、穏やかだ、芯があるなど錯覚をする。

 

断言していいがそれは単なる「堕落と低知能」の表れである。

 

改めなければならないことだ。

 

まずバカである。

数年前から岩手県民のセンター試験平均得点率はほとんど全国最下位である。

 

そして怠惰である。

岩手県民は「誰かが何とかしてくれるだろう」と考える人が多すぎる。

自分で改革を起こそうとしないのだ。

 

f:id:og-dragon:20170716222213j:plain

私は思うのだが、「人柄がいい」というのは常に自分の言葉で考え行動し、社会や人のために一生懸命に動くことができることを指す。

 

だらけてのんびりして、やるべきことをやらず努力もせず税金に甘え、だらだら時間を空費する岩手県民の人柄が良いとは私にはまったく思えない。

 

人柄云々以前に岩手県民は底なしのバカだのだ。まともな学府もなく良い就職先も少ない岩手に住む時点で最高に世間知らずなイラチなバカである。

 

岩手県民の人柄は悪い。私自身、周囲の人間を見ても人柄がよく、人格に優れた人間は岩手に留まってはいない。ことごとく都市部の大学に行き東京資本の企業に就職している。

 

岩手県民の人柄が良いという人は見てる世界がとても小さいのだろう。

 

まず、日本全国を旅してみよう。いろんな人に会おう。そして自分なりの答えを出してみたらどうだろう。

マイペースに時間をかけてもいいから、人柄をしっかり見極められる人間になれたらいいと思う。

戸〇商店~個人的に入社をおすすめしない会社~

 

f:id:og-dragon:20170629154118j:plain

今から10年ほど前、私は(有)戸〇商店でアルバイトをしていた。(伏字にしてもばれるでしょう) 

 

戸塚商店は盛岡でも知らない人がいないだろう会社で、トマトの絵が描かれたトラックといえばみんな知っている。野菜や青果の卸売が主体の会社。入社してくる人はほぼ高卒の人たち(中退含む)。

 

今思えば完全にブラック会社だった。盛岡人に身近なブラック会社であると私個人は思う。

とにかく社長の態度がでかい。怒鳴り威張り散らし周りを委縮させる。社員を自分の古文と思っている。そんあ社長に思えた。本気で自分が偉いと思っているような態度だった。

 

 

このころ私は何かバイトしてお金を貯めなきゃと思い、別居していた父親に相談したらハローワークからこの会社のアルバイト求人を持ってきてくれたのだ。野菜や青果の荷積みという内容でなんの取り柄もない自分でも採用してくれるだろうと求人に申し込んだ。

 

(盛岡ではアルバイト求人も少なく時給も安い。コンビニは700円に達していない場所も多く、イオン内の販売員などがやっと時給800円くらいだ。盛岡にはろくなバイトがない。なんの社会経験もつめない。)

 

面接は本宮にある本社で社長と行った。社長を見た瞬間からワンマンな印象を受けていた。運送業の会社は体育会というか性格が荒い人が集まるので当たり前といえば当たり前。

 

倉庫の方へ行き野菜をいくつ知っているか軽く確認しそのまま採用になった。

 

この面接時にも私に対し失礼なことを社長は言ってきたので正直採用されても辞退しようかと考えていた。でも他に応募していた会社もなかったので結局働くことにした。

 

仕事は一日五時間程度野菜の荷積みとピッキング。指定された通りにダンボールに野菜などを詰め指定された場所に置く。メインはこの作業。トラックから荷物を下ろすのが一番体に堪えた。たまねぎのダンボールは20キロもあり重ねて運ぶのが無理だった。バナナやキャベツも重いけど二つ三つ重ねて運ぶのが当たり前。一つずつ運んでいたら社長に「もたもたするな」と注意された。これは当たり前だけどね。男なら二つ重ねて運べて当然だから。

 

肉体労働で休憩時間もないからけっこう疲れる。当時は時給700円程度だった。これでもコンビニよりほんの少し高い時給だった。課長さんも似たような仕事内容でほかには、フォークリフトでトラックへの荷積みも行う。

 

f:id:og-dragon:20170629154149j:plain

私の仕事は他にパートの女性(40代、50代)。男は自分だけだった。ちなみに正社員は全員男。男性社員は免許を全員もっていて配送も行う。

 

私の仕事は簡単で野菜の名前を覚えるときだけ苦労した。それと新聞紙の包み方がうまくないときは会長(社長の父親)に怒られた。感情的に怒鳴る人で正直厄介だった。

 

この会社は社長の弟さんが専務を務め、息子さんも社員で働く(といっても課長より全然仕事量は少なく見えた。いつもデスクに座って祖母(会長の奥さん)が作る野菜の料理などを食べていた。)数人いる課長さんは本当に大変そうで休まず働いていた。専務さんはとてもいい人で私が倉庫でスイカを見つけられなかったときも、

「そういうときもある」とフォローしてくれた。

 

でも専務さんはよく社長に怒られていた。

 

社長「ちゃんと置いたのか!!」 (多分領収書のことかなと思う。)

専務「置きました(疲れ声)…」

しかも敬語を使ってた。いくら仕事とはいえ兄弟で敬語使うかね?

 

また、社長の父親が会長であり仕事時間は倉庫内をうろうろする。会長の奥さんもちょくちょく倉庫に顔をだす。 

 

会長もその奥さんも当時でかなり高齢で70~80くらいだったと思う。正直仕事の邪魔だった。

たとえば私が配送するトマトを箱から選んでいると、「選ぶな!」とその奥さんが注意をしてくる。これはどう考えてもおかしくて、野菜が古かったりすると配送先からクレームがくる。もっと青いのくれない?とかいろいろ。

 

だから慎重に選ばなければならない。状態の良いものを選ばないといけないのだ。

奥さんの考え方としては「もったいない」ということだろう。余れば処分されてしまうからだ。 (余談であるが、私は思うのだがどうも年寄りは「物」に感情移入する。感情の抑制が利かなくなっていると思う。)

 

課長さんや一緒に働いたパートの奥さん方達は皆いい人で野菜のこと等とても勉強になった。

 

でも結局私は3か月ほどでバイトを辞めた。職場の雰囲気が好きになれなかったし、受験勉強に集中したかったから。辞める時、あるパートの方に、

 

「私たちのことは忘れても仕事のことは忘れないと思うよ」

と言われた。

 

不思議なことに私は仕事より一緒に働いたそのパートの方たちのことをよく覚えている。初めてしたバイトだし多分ずっと忘れないと思う。

 

余談だが、辞める際退社を伝えるタイミングのことで私も社長にすごい怒られた。こういう社長のいる会社ではもう働きたくないなと思った。将来絶対まともな会社に入ろうと心に決めた。戸〇商店とは今後絶対関わらないと誓った。

 

勉強しないでいるとこういう仕事しか無くなってしまうんだなと思う。使いたくない言葉だが社会の底辺の一つだと思う。底辺職は人が悪く社長が概してワンマンである。社員が委縮しているような会社に入ってはいけない。

 

f:id:og-dragon:20170629154406j:plain

すごい偏見になってしまうけど、こうした配送・運送の仕事はやはり「ほかの仕事に行けない人たち」であると感じた。学歴やスキルといったものを何も持っていないと、こういう仕事しかないのだろう。運転免許さえあればだれでも就ける仕事である。

 

このブログを読んでいる稀有な読者はどうかこうした配送・運送会社にはつかないでほしい。これから「自動運転」が広まれば運転技術がスキルとして認めてもらえなくなる。 

 

もっといい会社に行ってほしい。頑張って公務員か日報や岩銀、IBCのような安定企業に入ってほしい。

 

盛岡には優良企業が全然ない。進学も就職にも選択肢がない街だ。

 

でも腐らずに一生懸命に生きよう、自分のために。