岩手県盛岡市民から見た、地方創生・地方活性化

元盛岡人によるブログです。適宜加筆修正していきます。

「Tポイントカードはお持ちですか~?」ってうざすぎ!

Tポイントカード?うっとおしい!

f:id:og-dragon:20181006004416j:plain

ファミリーマートで買い物をするたびに店員から聞かれるのが、

 

Tポイントカードの有無。

 

「Tポイントカードはお持ちですか~?」って、正直やめてほしいよね。まじでうざい。うざすぎて吐き気がする。Tポイントカードなんて、私は財布が膨らむので持ち歩いていませんので。

 

そもそも200円で1ポイントしかつかないくせに、あんな分厚いポイントカードを持たせるなんて負担を押し付けないでほしい。しかも聞かれた当事者だけでなくレジの周りの他の客にも迷惑。

 

ためしに、ちょっと混雑しているレジの様子を遠くから見ていると面白い、というか気味悪い。客一人一人にお辞儀をし、Tポイントカードの保有を確認し、またおこしください、と締めくくる。

 

まるで機械だ、ロボットだ。私は直感でそう思った。たぶん日本文化の根源には動物的な部分を隠し「もの」になりきることが「清潔」・「丁寧」であると認識する部分があると思う。

 

こういう主張はたまにヤフコメ(低知能な大衆の集まり)でも見かける。でも決まって、マニュアルだから仕方ない。そんなこと言うのはお前の器が小さいだけ、とかいうわけわからない反論をちょくちょく見る。

 

不思議な現象だと思った。私たち日本人はなぜか、ロジックの話をしている時に、突如として無関係な「礼儀」の話に飛躍することがある。

どうやらこの日本という国の中では非当事者が他者に対して礼儀を押し付けることが普通であるようなのだ。そもそもお前は日常坐臥でそれだけ礼儀正しい生活してるんだって話笑。突然偉そうに人を礼儀面から指弾する、心の狭い下卑た大衆である。

 

会社員になると痛感するよ。

f:id:og-dragon:20181006010825j:plain

基本的に会社員になれば学生とは比べられない頻度でコンビニを利用する。その際Tポイントカードの有無をいちいち聞かれるのは本当にうっとおしい。

200円で1ポイントだが、それに満たない時でも店員はカードの有無を尋ねてくるから手に負えない。

 

なぜこの行為を合理化できないのだろう。もちろんこれは本部がマニュアル化しているから店員は何も変えられない。それはわかっている。だから私は各コンビニの本社・本部に憤っているのだ。

 

Tポイントカードの有無なんてレジ前に「カードをお持ちでしたら提示してください」と一言書かれたプラカードでも下げていれば、それで済む話である。

 

もう一つ言わせてもらえば、両手を添えたお辞儀もいらないし、またお越しくださいませ、も必要ない。そんな形だけの空虚な挨拶をしている暇があるなら一秒でも早く並んでいるお客をさばくべきだ。10人くらいに連続して上記の行為を行っている店員を見ると本当に気持ち悪くなる。まさにロボットだ。日本文化の恥部を目の当たりにした気分になるからだ。しかしバカどもは、「立派だ」、「これが仕事だ」などと間抜けな言質を披露してくるから笑うしかない。そういうのを奴隷根性と言うのである。

 

私に言わせれば、

同じ動作をまるで機械のように繰り返す気味の悪い光景にしか過ぎない。

 

日本は中身のない形式主義の文化?

f:id:og-dragon:20181006011014j:plain

日本文化ではとにかく人間がモノになることを美とする節がある。その最たるものが先に挙げたコンビニ店員の無駄な挨拶、やりとりである。日本の文化は動物的なもの・ことが嫌いなのだ。動物臭いことが不潔・いけないことだと、日本文化の根っこに染みついている。

 

実は日本文化の心根は、形だけ取り繕えば満足する卑小な文化なのだ。

「言わりよければすべてよし」=「外見良ければ中身良し」

そんな国、我らが日本。

(あれ、タイトルと関係ない結びになっちゃった。)