岩手県盛岡市民から見た、地方創生・地方活性化

元盛岡人によるブログです。適宜加筆修正していきます。

勤勉さは強欲さの裏返し

本当に日本人は勤勉なのか?

f:id:og-dragon:20180929205413j:plain

日本人は勤勉だとよく言われる。でも私はそうは思わない。

 

「自然と勤勉になったわけではなく、社会の強すぎる要請に応えるためしぶしぶ勤勉になっただけなのだ。」

 

日本人は店員に対する要求が世界一高いと私は思う。時給800円のバイト店員にさえプロのホテルマンと同レベルの接客を求める国は日本だけだ。

 

日本人は概してケチで、少ない支払いで最高のサービスを受けようとする。資本主義社会においてそれは、その労働者の賃金を少なくし過剰な労働を強いることでしか成立しない。

 

つまりサービスの受け手側の度を超えた強欲さが、労働者に異常ともいえる勤勉さを強いているわけだ。

 

少ない支払ではそのサービスも低レベルなのが当たり前だ。逆を言えば労働者が高いサービス提供を求められたら、高い報酬を雇用者に要求していい。いや、しなければならない。それが健全な資本主義の発展になくてはならない要素だから。

 

低レベルなサービス・商品は労働者と消費者の間で吟味され淘汰されていくべきだ。しかし日本では生産性の低い会社でがんばりすぎる人が多い。低賃金給与の会社でも最上のサービス提供を求められている。それはミクロな視点では美徳かもしれない。しかし社会全体の発展を考えるなら、健康を蝕み文化を衰退に追い込む日本の恥であり、因習であろう。

 

何も考えず低賃金で馬車馬のごとく働くことは、労働者の自己満足以外の何物でもない。

 

偽(ぎ)先進国、日本 

f:id:og-dragon:20180929205446j:plain

日本は「偽(ぎ)先進国」だ。

私たちが自覚している日本が先進国という認識はウソ・偽りである。無理をして対外的に、そう見せているだけである。

 

過剰な労働で無理やり先進国の仲間入りした気分になっているだけの幼稚な国だ。日本人の心根は、身の丈に合わない高いプライドの横溢である。

 

そして法意識が薄い日本では情や情けで物事を裁定しがちだ。それは結局人の命を脅かさす「ブラック労働」につながっていく。

 

 衰退する中で現れる日本の正体

f:id:og-dragon:20180929205555j:plain

これから少子化に伴う労働力の低下で日本の生産性はどんどん下がっていく。また、労働に対する法制度も厳しくなっている。その過程で少しずつ暴かれていくだろう、日本の本来の生産性が。本当は先進国ではなかったことが。

 

もし日本人が欧米先進国と同じ働き方をしていたら、先進国ではいられなかっただろう。

 

f:id:og-dragon:20180929205654j:plain

これから10年前後かけて、それが少しずつ明らかになっていく過程を日本の衰退と併せて私たちは目撃することになるだろう。

 

日本の真の姿を自分たちで見つめ直し、進むべき方向、労働と社会の在り方を考えなおす時期はまさに今である。日本がただ滅びるか再び栄えるかは現代の若者たちに託されていると私は思っている。