岩手県盛岡市民から見た、地方創生・地方活性化

盛岡人によるブログです。適宜加筆修正していきます。

岩手県の自殺率って高すぎだよね?

岩手県の自殺率はめちゃめちゃ高い!

f:id:og-dragon:20180615210906j:plain

www.pref.iwate.jp

とにかく岩手県は自殺率が高い。「年齢調整死亡率」まで高いから擁護のしようがない。

 

寒冷地は概して自殺率が高いが岩手や秋田、青森の自殺率の高さは異常だ。

寒さから病気になり、気晴らしになる娯楽も酒タバコとパチンコしかなく、仕事が少なく稼げないため希望も持てない。

 

長く続く曇天の下、絶望を抱え誰にも相談出来ず、自ら命を絶っていくのだ。

都道府県別にみた自殺

 ↑面白いデータなので見てみてね。

 

自殺率は貧困率と正比例している。

身もふたもない話だが自殺率が高いのは、経済的に苦しい地域だ。

 

岩手日報の社長や役員、岩手銀行の頭取、公務員の連中は華やかな人生を送っている一方で、同族経営の中小企業に勤める一般市民は苦しい生活を強いられている。

 

基本的には自殺の要因は「病気」と「貧困」だ。岩手では特に貧困の影響が大きいだろう。

 

地方議員と公務員は極楽人生

www.pref.iwate.jp

岩手などの地方において公務員と議員は超絶勝ち組だ。まず年収がとても高いが、市民はその事実を知らない。公務員が税金で楽な人生を送っていようが、不祥事を起こそうが岩手県民はみんな「総認知症」にかかっているので、誰も気づかないし咎めない。

 

岩手県民は「問題意識」を持とうとしない。そして何もアクションを起こさない。私は別にデモを起こせといっているわけではない。デモはうるさいだけの迷惑行為だ。

 

しかし地域の問題を誰かに丸投げする事なく、自分たち市民で話し合い解決に導く努力はするべきだ。地方議員はやる気がない輩が多いから、盲目的に頼っている姿勢ではダメだ。市民が議員と公務員をこき使うくらいの扱いが丁度よい。なぜか?公務員の給与の原資は税金であるからだ。

www.pref.iwate.jp

おそろしく高いよね、公務員給与。民間企業の倍近くもらっているようですね。

しかも残業がほとんどないにも関わらず、様々な手当てが付きますから天国です。おバカな岩手県民はこの事実を知らないし知ろうともしない。

「公務員もみんな苦労してるんだっぺ」という無知とバカ丸出しの論理で自らを納得させている。

 

現知事は裕福な炭屋の息子

知事の年収は約2000万円。適正だろうか?

岩手県における達増知事の評判は高い。

 

みなそろって、

「達増知事はいい人だから」

と言う。

 

人間性を支持していることが分る。穏やかで知性的な人だと。

 

しかし「いい人」だから年収が2000万円でいいのか?

達増知事の人柄がよいのはちょっと考えれば当たり前、自然なことだ。なぜなら裕福な家庭で幸せ一杯の家庭で育っているから。

 

富裕層には余裕がある。お金があれば行動にも余裕が出来るものだ。穏やかで人間性が形成されるのもごく自然なこと。もし生まれが底辺ブルーカラーのネグレクト家庭であったなら、人格は苛烈で自己中心的になるだろう。人格は家庭環境で形成される部分が大きいからだ。岩手において人柄の穏やかさの違いは、その家庭の経済的余裕と相関性があると私は思う。

 

そもそも政治家の資質に人格や人間性は関係ない。

年収はその働きによって規定されて然るべきであり、人間性は度外視するのが民間企業では普通だ。

 

本来知事、つまり地方の政治家の役割は、

「地域の課題を解決し日本社会をよくすること」

のはずだ。でも残念ながら岩手県民は論理的な思考ができないため、そのような判断で知事を選出しないし、評価もしない。

 

岩手県民の心にあるのはマスコットとしての政治家象だけだろう。

 

岩手県民のバカさ加減が「自殺」につながっている

岩手の経済苦は、岩手県民自身のバカさ加減からくるものだ。そしてそれが原因ですぐ自殺する。なんと情けない県民だろう。中卒や中絶まで多いのだから救いようがない。

岩手県民の自殺率の高さは言ってみれば自業自得である。自身の怠けからくる業であろう。ついでに言えば怠けは岩手県民の宿痾だ。

 

岩手県は「絶望郷」~政治家は何してる?~

断言しよう。岩手は「絶望郷」だ。希望なんてものは富裕層にしか存在しない。絶望にあふれた生き地獄だ。

 

高い自殺率、蔓延する貧困、低レベルな教育、下がらない中絶率、そして人口減。

現在の岩手県は富裕層と貧困層の間でますます格差が開いている。広がり続ける不満や不平でいっぱいだ。

 

達増知事は岩手の現状を理解しているか?低い教育レベルと貧困をなんとかしようと思わないのか?自殺率を下げようとも思わないのか?

 

岩手の燦燦たる現状を直視せず希望郷などと世迷いごとを掲げる達増知事には、政治家としての資質はないと私は思う。

 

キャッチフレーズやマスコットはいらない。

 

岩手に必要なのは具体的な政策とそれを断行できるリーダーだ。

思うに、リーダーは「孤立した人間」でないと務まらないだろう。だれだれにお世話になったからと過去の恩義を返すことや情に合わせることは、結局腐敗と堕落を生んでしまうからだ。

 

政治家やリーダーは、その地域と日本の未来だけに奉仕する志高い人物であってほしい。そしていつか、岩手に蔓延するこの絶望を取り去ってほしい。