岩手県盛岡市民から見た、地方創生・地方活性化

盛岡人によるブログです。適宜加筆修正していきます。

盛岡市の法テラスが最悪だった。~地方は弁護士の質が低い~

盛岡市の法テラスの弁護士の態度が最悪

f:id:og-dragon:20180604224042j:plain

これは2015年の夏のこと。岩手県盛岡市にある法テラスでの出来事。

 

私は親の財産の相続のことで無料相談できる「法テラス」を訪れた。

 

少し待たされ私は相談室に案内された。部屋にいたのは40歳前後の中年太りのスーツ姿の人。もちろん弁護士だろう。ここは法テラスなのだから。

 

しかし相談が始まって私はその弁護士の態度の悪さに心底驚いた。

 

まず相談内容について、私の目の前でIpad をとりだし何やら検索し、

「あ、あったあった」とそのウェブサイトに書いてある内容を私に話し出してきた。私は頭にきた。ネットで拾うような情報を信じられるか!

 

しかもやる気がないのか、机の上にはポケット六法すらなかった。自分の仕事への矜持もないようだ。

なんていい加減なクソ弁護士だ。こんなやつが弁護士になれるのかと呆れると同時に失望した。

 

極めつけは私の相談内容に対し、

 

「いつよ?」という言葉遣いである。

 

なんて偉そうな言葉遣いだ。人としてのマナーも知らないようだ。

 

こいつはバカ大学卒の底辺弁護士なのだと私は確信した。近年の司法試験改革によりバカでも弁護士になれるようになったのだ、新司法試験は旧試より何十倍も簡単な試験で、日東駒専レベルの底辺大学からも合格者が出てしまう。

 

招いた結果は司法の劣化である。

 

私は思うのだが弁護士などの司法の実践は、受験でまともな成績を残せた者に限定させるべきではないか?具体的に言えば旧帝一工早慶筑横の卒業生に。受験すら乗り越えられないバカに弁護士は無理だ。

 

まともな弁護士もいる

f:id:og-dragon:20180604224108j:plain

後日別件で相談で、もう一度訪れた際はパッと見60代の紳士的な弁護士の方が親身に、もちろん六法を机の上に置き、誠意ある対応をしてくれた。最初の日は私は運が悪かったのだろう。

 

概して法テラスには低レベルな弁護士が集まる

f:id:og-dragon:20180604224143j:plain

しかし盛岡市民は気をつけたほうがいい。盛岡の法テラスで、低レベルでクソみたいな弁護士に相談しても時間と労力の無駄になる。東京の法テラスでは、ここまで弁護士の質はひどくはないと思う。岩手県盛岡市のような地方には優秀な弁護士が集まらないだけなのだ。

 

法テラスは弁護士の報酬が安いのだ。だから皆やりたがらない。従って仕事をあまり取れない暇で無能な弁護士が集まる傾向にある。

 

法テラスの弁護士は、無条件には信用できないということを私は今回の出来事で学んだ。現在盛岡市に居住する人は十分注意して法テラスを利用してほしい。