岩手県盛岡市民から見た、地方創生・地方活性化

元盛岡人によるブログです。適宜加筆修正していきます。

東北などの寒冷地は喫煙率が高い!~タバコが唯一の娯楽?~

東北地方には娯楽がない!?

f:id:og-dragon:20180602231036j:plain

北海道や東北地方は概して喫煙率が高い。基本的に無教養な人間ほど、健康を意識しない社会の底辺の人ほどタバコをよく吸う傾向にある。

www.asahi.com

 

なぜ北海道と東北が喫煙率が高いかを具体的に説明すると、娯楽がないからだ。

退屈で安価に楽しめる娯楽がタバコくらいしかないのだ。

 

特に東北地方は給与所得も低く、旅行や楽器演奏といった娯楽にも縁がない。それらを楽しめるのは公務員や一流大企業に勤めている人達だけである。岩手県秋田県の一般市民にとって手が届かない娯楽なのだ。

 

しかしタバコを楽しむのに必要なのはお金とライターだけである。何も考えなくていい。体を動かさなくていい。非生産的で怠惰な娯楽である。だから東北民、特に愚鈍な岩手県民に好まれる。

 

岩手県民の楽しみは酒とタバコ

岩手県民にとっての娯楽は酒とタバコだ。ギャンブルと書きたかったが東北では競艇オートレースが楽しめない。競馬と競輪しかないが、競馬は盛り上がりに欠けるし、盛岡競馬場は場所が悪い。仙北町の裏手から直行バスが出ているが時刻が限定的だ。競艇石鳥谷まで行かなければならない。しかも駅からも遠い。

 

東北の特に北東北、つまり岩手、秋田、青森は都会で行われているイベントなどには縁がない地域だ。要するに文化がない地域だ。

 

東京で常に最新の展覧会が催される。クラシックな芸術からFFなどのゲームに関わるものまで幅広い。洗練されていながらも雑種なカテゴリーから自分の好みに合った芸術を楽しめる。

 

しかし東北ではそれがない。

 

社会の底辺で働くとタバコしか趣味を持てない

私がアルバイトをしていた盛岡市の某青果店では社員が「くわえたばこ」で仕事をしていた。社長もである。野菜を運ぶときもタバコを吸うのである。社会の底辺職の人はまさにタバコ漬けである。加えて言うならそうした男と結婚する女も喫煙するものだ。そしてそうした親を見た子供も将来は喫煙してしまうだろう。まさに健康における「負の連鎖」が始まる。

 

タバコは愚か者の娯楽

なぜ人はタバコを吸うのだろう。かっこつけもあるが大人の喫煙理由はストレス発散だ。幼稚で非生産的な非文化的な娯楽である。

 

家庭を、子供の幸せを考えないバカ親は概してタバコを吸いがちだ。自分の健康を大切にしない親が子供を大事にするだろうか?子供の成長をも届けるまで親は健康である必要があろう。その認識が喫煙バカ親にはない。常に自分の気持ちよさしか頭にないのだ。

 

断言する。喫煙する母親に子を育てる資格はない。女がタバコをくわえる姿は世界一滑稽だ。全く似合わない。「あー女やるのめんどせー」みたいな気持ちが見え隠れする。基本的に勝気な女は喫煙する傾向にある。女の喫煙は思い通りにならない現実からの逃避と等しい下卑た姿である。

 

喫煙しない親。それが子供の幸せにつながる

喫煙バカ女は自分の母親がタバコを咥える姿を見て、子供が何を感じるかわからないのだろう。喫煙する姿は家庭を放棄する態度に思えるものだ。バカ女に子供を持たせてはいけない。喫煙する女には子供を持たせない法律を作ってほしいものだ。 

 

タバコは文化を腐らせる

人の健康を蝕み有害な煙を地球上にまき散らす。人間の生み出した「身勝手な娯楽産物」だ。何も生産的でなく、ただ煙を吸うだけの「臭い習慣」だ

 

タバコを吸う姿は頭が悪そうに見える。煙を吐く瞬間がまさにバカ丸出しだ。

もしあなたがまともな品を持った人間でありたいのなら絶対にタバコは吸うな。

 

今喫煙率は下がり続けていて、喫煙者は周囲から信頼を勝ち取れない。タバコは社会の底辺の証だ。

 

自分の誇りのために、健康のために、家族のために喫煙はやめよう。