岩手県盛岡市民から見た、地方創生・地方活性化

元盛岡人によるブログです。適宜加筆修正していきます。

戸〇商店~個人的に入社をおすすめしない会社~

 社長の人間性に問題!?

f:id:og-dragon:20170629154118j:plain

今から10年ほど前、私は「戸〇商店」でアルバイトをしていた。(伏字にしてもばれるかな??) 

 

〇〇店は盛岡ではそれなりに有名な会社で、とある野菜の絵が描かれたトラックを街中で走らせている。野菜や青果の卸売が主体の会社。入社してくる人はほぼ高卒の人たちだった(中退含む)。

 

今思えば完全にブラック会社だった。課長さんたちはくわえタバコで仕事をしていた(野菜をダンボールに詰めたり切ったりする際も)。盛岡人に身近でありながらも、「そういう会社」だったと私個人は思う。

 

とにかく社長(50代)の態度がでかかった。怒鳴り威張り散らし周りを委縮させる。社員を自分の子分と思っている。そんな社長に思えた。親の会社を苦労無く継いだ分際で、本気で自分が偉いと思っているような態度だった。まともな人間性を持っているようには見えなかった。

 

このころ私は何かバイトしてお金を貯めなきゃと思い、別居していた父親に相談したらハローワークからこの会社のアルバイト求人を持ってきてくれたのだ。野菜や青果の荷積みという内容でなんの取り柄もない自分でも採用してくれるだろうと求人に申し込んだ。

 

(当時の盛岡ではアルバイト求人も少なく時給も安い。コンビニは700円に達していない場所も多く、イオン内の販売員などがやっと時給800円くらいだ。盛岡にはろくなバイトがない。なんの社会経験も積めない。)

 

面接は本宮にある本社で社長と行った。社長を見た瞬間からワンマンな印象を受けていた。運送業の会社は体育会というか性格が荒い人が集まるので当たり前といえば当たり前だが。

 

倉庫の方へ行き野菜をいくつ知っているか軽く確認しそのまま採用になった。

 

この面接時にも私に対し失礼なことを社長は言ってきたので正直採用されても辞退しようかと考えていた。でも他に応募していた会社もなかったので、結局働くことにした。

 

仕事は一日五時間程度野菜の荷積みとピッキング。指定された通りにダンボールに野菜などを詰め指定された場所に置く。メインはこの作業。トラックから荷物を下ろすのが一番体に堪えた。たまねぎのダンボールは20キロもあり重ねて運ぶのが無理だった。バナナやキャベツも重いけど二つ三つ重ねて運ぶのが当たり前。一つずつ運んでいたら社長に「もたもたするな」と注意された。これは当たり前の指導だけどね。男なら二つ重ねて運べて当然だから。

 

肉体労働で休憩時間もないからけっこう疲れる。当時は時給700円程度だった。これでもコンビニよりほんの少し高い時給だった。課長さんも似たような仕事内容でほかには、フォークリフトでトラックへの荷積みも行う。

 

f:id:og-dragon:20170629154149j:plain

私の仕事は他にパートの女性(40代、50代)。男は自分だけだった。ちなみに正社員は全員男。男性社員は免許を全員もっていて配送も行う。

 

私の仕事は簡単で野菜の名前を覚えるときだけ苦労した。それと新聞紙の包み方がうまくないときは会長(社長の父親)に怒られた。感情的に怒鳴る人で、仕事のリズムを狂わせれるから正直厄介だった。

 

この会社は社長の弟さんが専務を務め、息子さんも社員で働く(といっても課長より全然仕事量は少なく見えた。いつもデスクに座って祖母(会長の奥さん)が作る野菜の料理などを食べていた。)数人いる課長さんは本当に大変そうで休まず働いていた。専務さんはとてもいい人で私が倉庫でスイカを見つけられなかったときも、

「そういうときもある」とフォローしてくれた。

 

でも専務さんはよく社長に怒られていた。

 

社長「ちゃんと置いたのか!!」 (多分領収書のことかなと思う。)

専務「置きました(疲れ声)…」

しかも敬語を使ってた。いくら仕事とはいえ兄弟で敬語使うかね?

 

ある時、H課長さんにも社長はきつい言い方をしていた。

社長「~課長、もう~の荷物は出たのか?」

H課長「いえ、まだ、、」

社長「なんで~時着の荷物がまだ出てねえのよ!!バカ!タコ!!」

H課長「すいません、、、」(委縮)

 

また、社長の父親が会長であり仕事時間は倉庫内をうろうろする。会長の奥さんもちょくちょく倉庫に顔をだす。 

 

会長もその奥さんも当時でかなり高齢で70~80くらいだったと思う。正直仕事の邪魔だった。

たとえば私が配送するトマトを箱から選んでいると、「選ぶな!」とその奥さんが注意をしてくる。これはどう考えてもおかしくて、野菜が古かったりすると配送先からクレームがくる。もっと青いのくれない?とかいろいろ。

 

だから慎重に選ばなければならない。状態の良いものを選ばないといけないのだ。

奥さんの考え方としては「もったいない」ということだろう。余れば処分されてしまうからだ。 (余談であるが、私は思うのだがどうも年寄りは「物」に感情移入する。感情の抑制が利かなくなっていると思う。)

 

課長さんや一緒に働いたパートの奥さん方達は皆いい人で、野菜のことに関してもとても勉強になった。

(でも課長さんたちの中には人間としてどうなのか?という人もちらほら。前出のH課長は、とにかく作業しながら人の悪口を言う人だった。勉強もスポーツもできない人、イケてないグループの人、頭の弱い人は、そうする事でしかストレス発散ができないのだろう。しかも厄介なことに、こうしたおバカさんは、世間知らずなため、盲目的に既存の経営者一族の奴隷になることを「真面目」だと思っているようです。バカは本当に救いようが無い。)

 

底辺職のバカは人格崇拝をする。気をつけよう。

 

でも結局私は3か月ほどでバイトを辞めた。職場の雰囲気が好きになれなかったし、受験勉強に集中したかったから。辞める時、あるパートの方に、

 

「私たちのことは忘れても仕事のことは忘れないと思うよ」

と言われた。

 

不思議なことに私は仕事より一緒に働いたそのパートの方たちのことをよく覚えている。初めてしたバイトだし多分ずっと忘れないと思う。

 

余談だが、辞める際退社を伝えるタイミングのことで私も社長に怒られた。こういう自分の器を勘違いした、感情的で低劣な社長のいる会社では、働きたくないなと思った。

社長が、「いい会社でしょ?」って聞いてきたのを覚えている。自分でいうなよボケって思いましたね笑。

 

 親の資産を継いだだけの無能なお坊ちゃんのくせに、自分の器を勘違いし、いつも偉ぶる社長だ。まだ50代なのに頭部は禿げ上がり、目は座っている。こんな人間にはなりたくないな、と私は思った。

この社長のことを、社員はどう思っているのだろう。「社長様~」とか、「お仕事を与えてくださってありがとごぜます~」とでも仰いでいるのだろうか笑。

 

将来絶対まともな会社に入ろうと心に決めた。戸〇商店とは今後絶対関わらないと誓った。

 

勉強しないでいると、こうした、誰にでも替えがきく「底辺仕事」にしか就けなくなってしまうんだなと思う。使いたくない言葉だが紛れも無く、社会の底辺の一つだと思う。底辺職では職場の人間関係が悪く、社長が概してワンマンである。社員が委縮しているような会社に入ってはいけない。

 

f:id:og-dragon:20170629154406j:plain

すごい偏見になってしまうけど、こうした配送・運送の仕事はやはり「ほかの仕事に行けない人たち」であると感じた。学歴やスキルといったものを何も持っていないと、こういう仕事しかないのだろう。運転免許さえあればだれでも就ける仕事である。

 

このブログを読んでいる稀有な読者はどうかこうした配送・運送会社にはつかないでほしい。これから「自動運転」が広まれば運転技術がスキルとして認めてもらえなくなる。 

 

もっといい会社に行ってほしい。頑張って公務員か日報や岩銀、IBCのような優良・安定企業に入ってほしい。

 

「え?戸〇商店に入社予定??おめでとう。

 戸〇一族の奴隷になる人生が始まるね(ニッコリ)」

 

「中小企業に入社するということは、基本的にはその経営者一族の奴隷になること」であると、これからは義務教育内で教えるべきだろう。

 

まあ、盛岡には優良企業が全然ない。進学も就職にも選択肢がない街だ。

 

でも腐らずに一生懸命に生きようね、自分のために。