岩手県盛岡市民から見た、地方創生・地方活性化

盛岡人によるブログです。適宜加筆修正していきます。

地方の公務員は天国?~地方のおいしい仕事~

f:id:og-dragon:20170129204422j:plain

今回は多分に私見が混じった記事になる。

 

岩手などの地方で就職活動していると、やはり都会に比べて給与面の見劣りが気になるところ。

 

以前の記事で書いたように地方の優良企業は限られている。そこへの就職が失敗すれば絶望しがちだ。

 

でも楽で高給な仕事が実はある。予想はできるだろうがそれは、公務員である。

 

一番楽なのは言うまでもなく役所勤めだが、

 

同じくらい楽なのが警察や消防である。

この警察と消防は都会では忙しい。事件が多く事故も多い。仕事量が地方より断然多いのだ。なので都会の警察ではストレス過多で問題が多く起こる。

 

それは離職率にも表れている。神奈川県警察兵庫県警察は最高に評判が悪い。おどろくことに警察内でイジメ問題(大人なのにね)があり警官が自殺した事件もある。警官が盗撮などの事件も起こしているようだ。これらはググるとすぐ出てくる。

 

都市部は暴力団も多くそのトラブル処理もある。ニュースに取り上げられる通り魔、殺人事件も大半が都市部で起きている。

 

f:id:og-dragon:20170129204635j:plain

対して地方は平和である。のんびりパトロールでもしていれば周りの住民よりはるかに高給をもらいながら、快適な人生を送れる。退職金は2000万を超える。

 

進学に際し優秀層が都市部に抜けていくから地方の住民はバカばかりだし、公務員の給与に対して知識もないから、警官に嫌味や文句をいうやつも少ない。岩手県民のようにバカな住民は警官に対して感謝さえしている。実質地方の警察は特に暇をもてあましているように思える。「ねずみとり」というような文化(?)はもう廃するべきだ。もっと他にやることあるだろ。

 

ということで私は地方での就職に警察、消防を勧めたい。こんな楽でおいしい仕事ほかにないよ。