岩手県盛岡市民から見た、地方創生・地方活性化

盛岡人によるブログです。適宜加筆修正していきます。

岩手競馬の実情は?

実は岩手競馬は一度消滅しかけた。

 

f:id:og-dragon:20161106215215j:plain

しかし当時の政治家やらなんやらが力を貸したおかげでなんとか生き残っている。

 

競馬は面白いよ。パチンコと違って運任せじゃない。頭脳のスポーツだと思う。正確なデータと経験がないと予想的中は難しい。

 

競馬はバクチじゃない。ロマんである。(ドヤア)

 

地方競馬の中では人を集めるほうなんだよ、盛岡の競馬場は。

f:id:og-dragon:20161106215251j:plain

 

全国的な知名度はないかもね。

 

自分の父親水沢競馬場盛岡競馬場で働いていたからとてもなじみがある。

 

まあはっきり言って盛岡競馬場は場所が悪い。もともと今の場所ではなかった。移転してきているのだ。あんな山奥に作ったら気軽にこれないよ。住宅街の仙北町や松園とかの街中から移行と思ったら車で40分はかかるね。

 

自分の記憶が間違ってなければ仙北駅の裏手から競馬場行きのバスが出てたはず。

 

f:id:og-dragon:20161106215657j:plain

 

岩手県民は資本力が無いから競馬も難しいよね。少ない資本で利益を上げるのは容易ではない。

 

でも数百円でも予想して賭けてみることを勧めたい。馬の魅力を、競馬の魅力をみんなに広めたい。

 

1人で競馬をしていてもなかなか上達しないと思う。当たらなくてイライラするかもしれない。

 

でも、この全地方競馬投資予想「ジャッカル」なら効果的な予想が可能になる!

自分はこの方法でほぼ毎年10万円は得をしているよ。ていうか外れることが減ったんだよね。最初は少額でたくさんかけて経験を積むと効果が出るようになると思います。

 

提供者は実績がある人で信頼はできると思うよ。地方競馬に興味があるならおすすめです!

出身が岩手なんて死ぬほど恥ずかしい!

f:id:og-dragon:20170101131752j:plain

なぜ恥ずかしいか?

 

理由は二つある。

 

一つ目は親の無知さ。

岩手に住むということは、親は子の教育や医療について無知なまま居住を決めている。

 

まとまな人間なら岩大や県立大、盛岡大がバカ大学であることはすぐわかる。センターで七割取れない輩が大学生になっていることがおかしいのだ。岩手医大のレベルの低さはもう言うまでもない。私は岩手医大出身の医者には診てもらいたくない。今までもろくな医者がいなかった。くたばれ岩手医大

 

県庁所在地の盛岡でさえも教育や医療に不備があり、猛烈な勢いで人口も減っているのになんで岩手に住むのか?バカとしか言いようがない。

 

東北では相当前から仙台しか文化がまともに発展している地域はないのだ。

 

このブログを見ている岩手県民に問いたい。恥ずかしくないの?子供を不幸にしたいの?子供に多様な選択肢を与えたいと思わないの?バカなの?

 

二つ目は方言、なまりがかっこわるい、ていうか気持ち悪い。

 

これは多くの人が同意してくれると思う。盛岡ではもうなまっている人は少ないが滝沢市あたりに行けば、かなりの人がなまっている。ほんとドン引きである。

 

「だべ」に始まり「んなはー」、とか「んだっぺ」その他諸々。

 

なぜ気持ち悪く感じるか?おそらく人間が本来動物として持っているリズムに合っていないからだろう。

 

人間は体を動かすときは必ず一定のリズムに乗って動く。これは会話時の口の動きや喉の発生も例外ではない。

 

東北弁は、のっぺりしていてリズムやテンポを外れていて、「とてもキモイ」言語である。

 

北海道しかり青森しかり、基本的に寒冷地のなまり・方言は概してキモイのである。

 

とても私は東北弁やなまりをかわいいと思えない。ただただバカ丸出しで気持ち悪い。私は心底東北の文化を軽蔑している。そして私を岩手に生んだ親を、心から軽蔑し見下している。

 

愚民が集う不毛の地、岩手。

地方の公務員は天国?~地方のおいしい仕事~

f:id:og-dragon:20170129204422j:plain

今回は多分に私見が混じった記事になる。

 

岩手などの地方で就職活動していると、やはり都会に比べて給与面の見劣りが気になるところ。

 

以前の記事で書いたように地方の優良企業は限られている。そこへの就職が失敗すれば絶望しがちだ。

 

でも楽で高給な仕事が実はある。予想はできるだろうがそれは、公務員である。

 

一番楽なのは言うまでもなく役所勤めだが、

 

同じくらい楽なのが警察や消防である。

この警察と消防は都会では忙しい。事件が多く事故も多い。仕事量が地方より断然多いのだ。なので都会の警察ではストレス過多で問題が多く起こる。

 

それは離職率にも表れている。神奈川県警察兵庫県警察は最高に評判が悪い。おどろくことに警察内でイジメ問題(大人なのにね)があり警官が自殺した事件もある。警官が盗撮などの事件も起こしているようだ。これらはググるとすぐ出てくる。

 

都市部は暴力団も多くそのトラブル処理もある。ニュースに取り上げられる通り魔、殺人事件も大半が都市部で起きている。

 

f:id:og-dragon:20170129204635j:plain

対して地方は平和である。のんびりパトロールでもしていれば周りの住民よりはるかに高給をもらいながら、快適な人生を送れる。退職金は2000万を超える。

 

進学に際し優秀層が都市部に抜けていくから地方の住民はバカばかりだし、公務員の給与に対して知識もないから、警官に嫌味や文句をいうやつも少ない。岩手県民のようにバカな住民は警官に対して感謝さえしている。実質地方の警察は特に暇をもてあましているように思える。「ねずみとり」というような文化(?)はもう廃するべきだ。もっと他にやることあるだろ。

 

ということで私は地方での就職に警察、消防を勧めたい。こんな楽でおいしい仕事ほかにないよ。

岩手に住む人の意見を聞きたい

f:id:og-dragon:20170129204725j:plain

岩手に、いや東北に居住するメリットってなんかあるの?

 

もしこのブログを見ている人で、しっかりした意見をお持ちの人はコメント欄にでも書いて教えてほしい。

 

私は本当にわからない。盛岡での暮らしを例に考えたい。

 

f:id:og-dragon:20170129204929j:plain

岩手は基本的に生活費がかかる。一人暮らしのにかかる金額をざっと計算してみても、月15万は絶対にかかるだろう。実は東京だと同じ暮らしで13万くらいで済む。

 

まず家賃だが東京でも4万前後のアパートはある。できれば5万は出したいが。

岩手のたとえば盛岡でも5万近くかかる。3万くらいのアパートだと盛岡の冬の寒さに耐えられないからこの金額は必要である。つまり家賃のアドバンテージは岩手にない。

 

f:id:og-dragon:20170129205057j:plain

そして光熱費。多くの岩手県民は知らないことだが圧倒的に東京が安い基本都市部は人口が多いから何事も薄利多売が成立するのだ。電気代はそんなに変わらない。でも水道が東京は安い。まず2か月に1回しか検針をしない。男の一人暮らしなら2月分で約4000円である。盛岡だと毎月5000円はかかる。つまり2倍かかる。

ガス代も安い。大体月2000円くらい。盛岡だとプロパンの物件もあるからかなり高いだろう。

電気代とガス代は冬に増える。盛岡は冬が猛烈に寒いからガス代と電気代が東京の3倍はかかるだろう。

 

それなのに盛岡の給与額はとても低い。

 

 

f:id:og-dragon:20170129204816j:plain

そして食費。残念ながらこれも盛岡のほうがかかるんだ。食材も安くはないし、外食も高い。人口が少ない地域は単価を上げなければ商売ができないのだ。

 

しかし東京は安くておいしい店がいっぱいある。

東京は地方の人が想像するほど物価は高くない。高いのは本当に都市部の家賃だけ。他すべてが安上がり。しかも生活保護費も高いから貧しくなっても安心である。盛岡で生活保護を受けたらなんにもできないよ。本当に生き地獄だと思う。パチンコもいけないよ。地方は保護費がめちゃ少ない。

 

f:id:og-dragon:20170129204848j:plain

そして仕事が少ない。

東京は給与が低いことで有名な警備員職でも月17万は普通に稼げる。もちろんアルバイトでも稼げる。盛岡では正社員でもしばらくは最低賃金程度の給与しかもらえないことが多い。盛岡で中小企業の正社員になるより東京の非正規雇用のほうが給与は高いのだ。

 

以上のことから私は岩手に居住するメリット、利点は何一つないと感じる。何も考えず岩手に住む人はバカだと思う。頭がおかしいとしか思えない。歴史的にも負け組が住む地域である。無能力の愚か者が自分の殻に閉じこもり、狭い世界で自己満足で暮らす、心も貧しい流刑地だ。

 

盛岡に住む人は東京の暮らしを知らない。東京はお金がかかると思い込んでいる。情けない県民だ。

 

そして経済苦と寒さで病気になりすぐ自殺をする。

 

絶対に今、岩手に居住するメリットはない。住めば不幸になる。

反論があるならぜひ聞きたい。

地方の大学と都会の一流大での大学生活の違い。できる人脈の違い。

f:id:og-dragon:20170129205429j:plain

★地方国立大に進学する価値ってある?

 

地方国立大に進学する意味はあるのだろうか。私は岩手県盛岡市に在住しているが大学は東京の私大に進んだ。偏差値は60半ばである。

 

思うに地方のレベルの低い国立大と東京の有名私大で送れる大学生活には大きな差がある。

 

ここで言いたいのは都会の華やかさではない。大学でできる人脈の違いである。

 

地元の岩手大は勉強が苦手な人が入学する。そこそこできる高校生は皆、東北大を志願するからだ。岩大の学生はとても学問をする資質が備わっているとはお世辞にも言えない。姿かたちを見ればその人の知性は判別できる。

 

岩大の学生は概してバカっぽいのだ。勉強よりスポーツに熱心に取り組んできた印象を受ける。

 

地方国立大は友達と仲良くサークル活動で思い出づくりをしたい人間にはパラダイスかもしれない。だが、その後の長い人生において岩大卒という肩書がどこまで通用するだろうか。中学の中間試験のような二次試験でどれほど学力を測れるだろうか。

 

大学時代、私のクラスには能力、志高い連中がたくさんいた。就職もほとんど大手企業である。皆人生を謳歌している。

 

岩大を出てもあまりいい企業に入れない。もし入れても出世はほぼ無理だろう。地元の公務員が無難である。夢の無い人生を送ることになる。

 

知性や感性が低い人には岩大でいいかもしれない。でもまともな知性感性を持っていて社会の発展の一助となりたいという志を持つ人間には岩大には大学としての価値が無いんだ。税金の無駄遣い。

 

でも、そんなことすらもわからない低知能の人で岩手県は溢れている。皆バカだからまともに論理的に思考することができない。だから小沢一郎が岩手の代表で選出される。何も学習しないんだよ岩手県民は。 

盛岡さんぽを読んで~高校生のころに思っていたこと

f:id:og-dragon:20170129205515j:plain

「なぜ自分の親は岩手に居住したのだろう」

 

ずっと疑問だった。だって一流大学も一流企業もないもの。

 

確かに親自身盛岡市出身だけど若いころ大学は東京に行っていた。そのまま東京で結婚し子育てしていればこどもに多様な選択肢を残せていただろうに。

 

岩手には志高い人間が進学する大学、有能な人間が入る会社が無い。

 

そもそも岩手出身というのがとても恥ずかしくて情けない。東京の大学でクラスの人に出身を言うのが恥ずかしかった。岩手が、まともな大学や会社が無い土地であることは常識。そんな土地で育ったということは、親がまともな知性を持っていないということを示すことになるからだ。

 

ある人は盛岡は自然に溢れているという。でも東京にも存分にある。

東京は空気は汚いけれど水はおいしいし町は洗練されてるし、日々変化がある街だ。

 

最近「盛岡さんぽ」とかいう本が出版されたらしい。読んでみて恥ずかしくなった。東京育ちの人が一生懸命盛岡を「作品化」しようとしている。空が広いとか景色がいいとか⋯。そんなのどこにでもある。盛岡固有の特徴ではないよ。

 

ではなぜその人は盛岡の特徴のように書くのか?それは盛岡が都心から割と近く(二時間半)別荘地的な位置づけであること、今までフューチャーされてこなかった未開の地域であることの2点だ。「あれ、盛岡って意外と街になってるじゃん」という、ある種都会人の、上から目線の意見に過ぎないのではないか。

 

「盛岡さんぽ」はしっかりまとまっていて、おいしい飲食店も紹介され読み物としては楽しい。でもそれを真に受けて盛岡に居住してはいけない。大学や医療機関に一流のものが無いからだ。

 

子供を都会の大学に一人暮らしで通わせてやれるほど裕福でないなら、子供をまともに育てられる地域ではないのだ。

 

岩手、盛岡に住む人は岩手大学岩手県立大、盛岡大学をまともな大学だと思っている(看護や獣医はまともだと思う)。

岩手県民は外の世界を知らないから大学が本来何をするべきところなのかを知らないのだ。高卒で結婚し子を持つことが人生のピークだと思っているような低知能低感性の愚民で溢れている街である。まともな知性を持つものにとっては社会人になってからが人生である。野心あふれる人間にはつらい流刑地だ。

 

岩手県はまともな知性感性を持つものに取っては生き地獄である。

 

誰か教えてほしい。岩手に住むメリットを。

 

 

 

 

 

なぜ岩手県民は小沢一郎を支持するのか?

f:id:og-dragon:20150927031747j:plain

(写真は津志田にある閉店したエムズレコード跡)

 

完全な個人的見解であるが、おそらく

「顔が攻撃的」だからである。

 

要するに「強そう」だからである

 

小沢一郎は典型的な悪代官顔である。知性、人間性などは微塵も感じられない。裕福な家庭に育ちながら、東大に2度も落ちる人間がまともな知性をもっているだろうか。

 

岩手県民はバカである。これは東北以外の地方の人にとっても共有できるイメージであると思う。岩手は特に大学進学率が低いし、社会の底辺職で溢れてる。大学のレベルが低いからまともな人間は18歳の段階で岩手を出る。志の高い人間には住み心地の悪い場所だ。

 

岩手県は、覇気のない無い気の抜けた愚か者が好んで住む街なのだ。特に盛岡市はこじんまりした雰囲気に酔うだけの感性の低い土人が住む街である。

 

頭の悪い岩手県民は、自分が日本の最底辺であるという自覚をあまりもっていない。雇用環境、教育環境ともに日本の最底辺の水準である。岩手県民は貧乏だからなかなか旅行に行けない。見てる世界が、知っている世界が恐ろしく狭いのだ。

 

岩手県民のようにバカな土人は「印象」でリーダーを選ぶ。ブルーカラーが多いから知性なんて言ったって理解できない。声が大きい、顔が大きい、迫力がある、そんな理由でリーダーを、つまり小沢一郎を選出しているのだろう。

 

小沢の政治家としてのキャリアが長いことも選出される理由の一つだろう。田舎ではキャリアが長いことが賞賛される。伝統とか歴史とか、時間の重みが需要視される。これがくだらない因習を生んでしまう原因だ。

 

岩手県民は小沢一郎がどれほどの給料を貰っているか知っているのだろうか?小沢はその給料に見合うだけの働きをしているだろうか?

 

威張り散らすだけの人間を岩手県民はリーダーと思い込む。「強そう」とかバカみたいに単純な理由でリーダーを選ぶ。力強く大声で威張りくさるのをカッコイイと思うのが田舎者、低知能な肉体労働者の特徴であり、まさに岩手県民の特質である。

 

知能の低い人たちには本来参政権など与えるべきではない。愚衆政治になるだけだ。論理的な思考をできない土人岩手県民は、小岩井農場で牛の乳でも絞っていればいいのである。

 

岩手県民は政治における自分達の選択が日本全体に迷惑をかけている事実にいい加減気付べきだ。

 

岩手の恥であり国政のゴミでもある小沢一郎。早く政界から消えてほしい。私はそう思っている。